自称”集客名人”が、いろんな集客法をためし検証していきます!繁盛店になるための情報や美容室、その他の店舗向けの集客法が満載です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フライヤー(集客用チラシ)の店置きで集客する


集客するためのフライヤ-とは、
小さなサイズのチラシのことで、
主にお店の案内やメニュー、
店頭パンフ、等に
使用されている集客ツール

チラシ(集客するための)は
戦略さえ充分に練られていれば、
エリア・マーケティングの中では
最も効果が現れやすい集客手法です。

ですが、
チラシの表現方法や折込エリア、
配布方法の設定が適切でないと、
集客効果が期待できません。

集客効果測定に基づいた
エリア設定や訴求点を
分析したチラシの
表現方法などの戦略で
計画を立てれば、
集客効果がグンとアップする

実際は、
店に置くだけの場合と
手渡しでちょっとした冊子を付けた場合では
10倍くらい集客人数が
違うケースも見られました。

オススメの冊子は
ずばり
”ニュースレター”
いろいろ試しましたが
どれだけ割引券付けても
”ニュースレター”
付けたモノには
かないませんでした、、、

そのまま放置で
持っていってもらう設置方法は楽ですが、
集客効果はイマイチ

なぜか、、、
ずばりそれだけでは
集客するための情報量が
少ないからです。

ではなぜ手渡しはそれだけでも
集客効果がおおいきのか?

まずは配っている人が
見えるから安心感があります。

配る際に、
やはり声かけがあり
そこには軽いコミュニケーションがあるからです。

余談ですが集客するための
チラシ、フライヤー、ビラなど
何故呼び名が違うのか?
呼び名が変わる理由を明記しておきます。


・フライヤー
(英)flyer,flierから。
その昔、
飛行機やヘリコプターを用いて、
空からチラシをばら撒いて
配布する集客法がありました。
そのため「飛ぶもの」を
あらわす言葉が
当てられたと思われます。

日本では、
A6 などの特に小さい集客用ものや、
一般的な版型ではなく丸などの裁断や
その他の装飾が施された
厚い紙の集客用チラシを
指すことが多い

また
イベントやショップなどの宣伝に
用いられる場合、
フライヤーと呼ばれます

・チラシ

「散らすもの」→「散らし」から。
A4版やB5版の
一枚刷りのもので薄い紙のものが多いです。

街頭などで
集客用に配布されるものでも、
プラスチックの袋に入れることで、
A3などの大きな版のものも配られています

新聞折込チラシでは広げた場合、
A1?A0判の大きさのものもあります。


・ビラ

(英)bill、もしくは、
(日)片(ひら)(日)擬態語びらびらから
単色刷りで薄い紙のものが多いです。

集客用でなく
政治的な宣伝に用いられる場合、
ビラと呼ばれる

また、
集客用ではなく掲示を行うときは
ビラと呼ばれることがあります。


豆知識いかがでしたでしょうか!?



集客オタクのブログ TOPページへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。